MENU

日本ドラマ紹介

掟上今日子の備忘録

 

日テレ系で放送中のドラマ「掟上今日子の備忘録」は、寝ると記憶がリセットされてしまう特異体質の持ち主通称「忘却探偵」こと掟上今日子(新垣結衣)と、とんでもなく運が悪い男隠館厄介(岡田将生)の二人を中心に、主に一日で解決できる程度の事件を扱う推理ドラマ。記憶リセットの制限があるためか、今のところ殺人事件などの大規模な事件の話はなく、さくっと楽しめるドラマとなっている。(ただし殺人未遂事件はある)

 

原作は西尾維新の忘却探偵シリーズ。その為日常的な事件が多い割に非日常的な癖や特技・体質を持った人物が多く登場する。人物の名前も維新作品らしく独特で意味ありきの名前(主人公の二人など)の他韻を踏んだ名前(幕間まくるなど)が多く登場する点も見所の一つ。なおドラマ内で頻繁に登場し、活動の拠点となっているアパルトマン兼カフェ兼探偵斡旋所「サンドグラス」は登場人物含めドラマオリジナルの設定である。また、原作と異なり主に厄介の視点で話は語られる。

 

主人公掟上今日子の特徴である白髪のショートカットと大きな眼鏡を忠実に再現している点は素晴らしいのだが、眼鏡があまり似合っていないのが残念。事件を描きつつも主役二人の恋愛模様に焦点が置かれており、忘れられながらも少しずつ距離を縮めていこうとする厄介くんを応援したくなる内容になっていると感じる。

 

SPEC

SPECは私の一番好きなドラマで、20回以上見ています。

 

タイトルにも書きましたが、まるで海外ドラマのように、個性が強いキャラクターが多く、深いストーリーとなっています。深いストーリーと言っても1話完結で見れるストーリーがほとんどで、毎回どんでん返しをくらいます。

 

ケイゾクの続編ともいわれてますが、ケイゾクを見てなくても全く問題ありません。

 

何よりも主役の戸田えりか演じる当麻紗綾がかなり強い個性を持っています。キャラクター的にも能力的にもナンバーワンです。そこに、相方の加瀬亮さん演じる瀬文の掛け合いがなんとも最高なんです。シリアスなドラマと思いきや、堤幸彦監督なりの独特な笑いを誘うシーンが多く、笑うどころか爆笑してしまうシーンも多々あります。ただ、ストーリー展開も進むにつれ、シリアスで悲しさが増していきます。一番の悲劇は、シリーズ最強の敵こと神木君が演じるニノマエ!!このドラマには特殊能力が中心となっていて、各々の特殊能力があるのですが、ニノマエの最強さ!!絶対倒せないレベルの能力なのですが、それをどう攻略するのか、始まったころからずっと想像していました。なので一話ごとにどんどん引き込まれて、映画シリーズも、もちろん公開初日に全部見てきました。是非シリーズを通して見る価値があると思います!

 

 

勇者ヨシヒコと魔王の城

主人公「ヨシヒコ」(山田孝之)は、村を救うべく勇者になり半年帰ってこない父と薬草を探す旅に出ることになった。旅の途中に・戦士のダンジョー(宅麻伸)・ムラサキ(木南晴夏)・魔法使いのメレブ(ムロツヨシ)の3人と仲間になり、ヨシヒコ含め4人で旅に出ることになります。だが、すぐに父を発見、なんと父は旅の途中で彼女ができ子供を授かっていたのです。父の発見と薬草も手に入れ旅が終了する。しかしその時空から仏が現れ、ヨシヒコ達に病気の原因魔王を退治する命を下す。それから魔王を退治する旅が始まるのである。

 

私は、よくあるような冒険ドラマだと思って見ていたのですが想像と全然違いました。4人が毎回繰り広げるゆるい冒険は、想像ができなく予想をはるかに超えてきます。毎回意外なゲストも登場しており、渡辺直美や綾野剛や小栗旬などそこも楽しみの1つになっております。

 

ただ、くだらないという人も多く、ガチのドラマ好きには、あまりお勧めはできませんです。
勇者ヨシヒコと魔王の城は第1作目で他にも
勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(2作目)
勇者ヨシヒコと導かれし七人(3作目)とあり、
とにかくふげてばっかりのコメディドラマだと思います。笑いたいひとは必見です。

 

 

ボク、運命の人です。

このドラマは野ブタ。をプロデュースからずっと待っていた2人がタッグを組んでまたドラマをやるという事で話題になった話です。自称神と(山下智久)とその神に会ってしまって一緒に暮らしている正木(亀梨和也)の話です。その神の話では正木と晴子が結婚しなければ地球は滅ぶという事でした。最初は正木の運命の人の晴子(木村文乃)役も、どうせなら野ブタの時に一緒に出ていた堀北真希が良いなと思っていたのですが、話が進んでいくうちにショートヘアの木村文乃可愛いと思うようになりました。周りの人達も個性の強い人が多いので、主人公の正木は結構振り回されていますが、なんだかんだ愛されキャラだと思っています。元ライバルが今は恋の指導者だったり、お相撲さんに腕相撲をしてハートを射止めようとしたり、木彫りの王将を作って亭主関白感を醸し出したりやっている事が目茶苦茶だと思いますが、でも最後はうまくいきます。それのおかげかはよく分かりませんが、きっかけは腕相撲や木彫りの王将でうまく丸め込まれます。そして神は助言をしてくれて良いやつと思いきや結構正木で遊んでます。それを視聴者は楽しんでいます。基本嫌な人が全然出てこないドラマなので安心して2人の恋のいく末を見守っていられます。

関連ページ

日本映画
hulu,吹き替え
洋画
海外ドラマ
日本アニメ