MENU

日本映画紹介

黒い家

『黒い家』は1999年に製作された日本映画です。
生命保険会社に勤める若槻(内野聖陽)のところにある日、幸子(大竹しのぶ)という女性が「自殺したら保険金っておりるんですの?」と尋ねてきます。本人が自殺するのかと勘違いした若槻は心配しますが、自殺したのは幸子の息子でした。保険金の契約書を調べるうちに若槻は不審を抱くようになります。これは保険金殺人ではないだろうか、と感じた若槻はすぐに保険金を支払う事をせず引き伸ばしをする事にしました。すると幸子の夫である重徳(西村雅彦)の嫌がらせが始まります。若槻は大学で犯罪心理学の研究している恋人の恵(田中美里)に相談してみることにしました。すると、二人は感情のない人間、つまりサイコパスなのではないかという事がわかるのです。

 

警察が息子の死因を自殺と断定した事で保険金は支払われることになりましたが、その後すぐに重徳が両腕を無くしたといって保険金を請求してきます。
怪しすぎる幸子の態度に若槻が断わると幸子は若槻の部屋を荒らし恵を誘拐するのでした。

 

この映画の怖さはやはりそういった「感情のない人間」の人を殺す事に一点の躊躇もない所かもしれません。欲望(お金)のために淡々と人を殺してなんの良心の呵責も感じない様を大竹しのぶが怪演しています。腕を切られても痛いくらいしか感じていない夫もすごいですが、やはり子供を殺しても何も感じない女性は不気味ですね。心理的にゾッとしたい方にはお勧めします。

 

GONIN

1995年、ちょっと古い作品ですが、男性はとても楽しめる作品だと思います。
佐藤浩市演じる主人公は、経営しているディスコがバブル崩壊で資金繰りが破綻し、資金源だった暴力団に睨まれて怯える日々を過ごしていたのですが、ひょんな事で知り合った元刑事のチンピラ、暴力団の鉄砲玉、ボクサー崩れ達を抱き込み、一攫千金を企てます。
なんとその方法は、脅されている暴力団の金庫に保管されているお金を強奪するというリスキーな代物。
普通なら割に合わな過ぎてやるわけがない!という無茶な計画ですが、主人公を始め全員が人生に躓き、夢も描けない暮らしをしているだけに、大金をせしめて人生を変える!と、強引に実行してしまいます。
奇跡的に計画は成功するのですが、相手は暴力団だけにそのままでは済みません。
凄腕のヒットマンも登場し、一人、また一人と命を落としていきます...
キャストがかなり豪華です。脇を固めるのが本木雅弘、根津甚八、竹中直人、椎名桔平、ヒットマンにビートたけし、木村一八、暴力団に永島敏行さん等、もう脂まみれ!という程濃ゆいメンツ。
血で血を洗う、と言う表現がぴったりのバイオレンスに圧倒されますが、佐藤浩市と本木雅弘の友情を超えた愛情、メンバーの中で一番普通の社会人だったはずの竹中直人が実は最も狂気の人だった-等、色んなエピソードも盛り込まれていて、中だるみなく楽しめます。
エネルギーに満ち溢れた作品で、観終わった後は心地良いカタルシスを得られると思います。

 

手紙(2006年)

この映画は山田孝之演じる弟の直貴と玉山鉄二演じる兄の剛志による手紙のやり取りが軸となった物語です。原作は大人気ミステリー作家の東野圭吾。

 

工業に勤務する直貴はどこか他の人達と関わり合いを持ちません。それは兄の剛志が押し入り強盗をし、そこにいた女の人を殺してしまった殺人犯として刑務所にいるからです。そんな直貴には友達・祐輔と2人でお笑い芸人になることが夢でした。ですが、その夢も恋人も全て兄が殺人犯ということで脆くも叶わないのです。自分の学費を稼ぐために強盗までした兄を恨んではいけないと思う一方で、今の不幸な境遇は兄のせいと考えてしまうところが見ていて切なかったです。またその弟のことが好きな由美子を沢尻エリカが演じているのですが、この由美子は工場に働いていた時から一途に想い続け、弟が兄に手紙を出さなくなった後も代わりに手紙を書いていました。直貴、剛志、由美子の3人は基本心の優しい人で、でも兄が犯した罪によって差別を受け、それでも歩いて行こうする姿に胸を打たれます。そして、最後直貴が一度限りのお笑いコンビを復活させて剛志のいる刑務所に弔問を訪れて、行ったネタの中で「兄はいつまで経っても兄だから」とセリフと同時に流れる小田和正の「手紙」と玉山鉄二の涙に感動せずにはいられません。また監督は金八先生やビューティフルライフを手掛けた生野慈朗が16年ぶりに務めたことでも有名です。